納骨堂の昔と今

ponders funeral home

最近ではすっかり、「死んだあとは家族一緒のお墓に入るか納骨堂を利用するか」ということで、永眠のために利用できる施設という認識が一般的になっている納骨堂ですが、かつてはそうではありませんでした。「家族のお墓」という考えが一般的だった時代、納骨堂は存在しましたがその用途は現在のものとは違うものだったのです。
簡単に言えば、かつての納骨堂は「一時的に利用するもの」でした。
大きなお寺のわきに建てられている納骨堂は、お墓の準備が整うまでお骨をお預かりする施設として使われてきたという歴史があります。お墓を新しく建てたり建て直したりする間、お骨は納骨堂で過ごしました。いずれは家族で使っているお墓に入る、というのが昔の考え方だったわけです。

しかし、その考え方も今ではだいぶ様変わりしています。
かつて「家」という制度が存在していた頃は先祖代々のお墓とか、両親も子供たちも孫たちも入るお墓とか、そういうものがありましたが、最近では必ずしもそういう考えが基本ではありません。家族の単位がミニマムになり、夫婦二人で天寿を全うするとか、独り暮らしで最期まで生きるとか、そういう人生も普通のものとなっています。
そこで、納骨堂は新しい埋葬施設として使われるようになっていきました。
かつてのように一時的に保管するのではなく、長くそこで眠りの時を過ごせる場所となったのです。
お坊さんがお参りやお掃除などを欠かさずしてくれて、供養を怠らないでいてくれる施設です。