ゆくゆくは合葬へ…

Biblical guide

従来の「お墓」というものは、建ててしまえば基本的には家族が世話をし、供養をするというのが一般的です。しかし、近年ではお墓の世話をしてくれる家族を残さないまま最期の時を迎えるという人も少なくありません。新しいやり方が必要です。そのような事情から登場したのが納骨堂という施設であるということは、別の記事でも取り上げている通りですが、ここではもう少し詳しく納骨堂のシステムについて説明しましょう。

納骨堂は、カタチはさまざまですが、ロッカー室のように個人用のスペースがずらーっと並んでいるのが基本です。そのスペースのひとつひとつに、お骨が納められます。
家族の代わりにお坊さんが(納骨堂は多くの場合、お寺の関係施設となっています)お経をあげてくれたり、清掃をしてくれたりと、供養を欠かしません。
ただし、従来の「お墓」のように永遠に続くものではありません。
納骨堂は、たとえば30年、50年といった一定の期間が過ぎると、「合葬」に切り替えられるというのが一般的です。
お骨は30年後、個人用のスペースから出て合葬の場へと移されることになります。合葬というのは、複数のお骨を同時に納め、供養することをいいます。
納骨堂には個人用のスペースが並ぶエリアとは別に、合葬用の大きなスペースが設けられています。最終的にはそちらに移り、永遠の眠りを過ごすことになるのです。
もちろん、合葬になったら放ったらかしにされるというわけではありません。ほかの方々のお骨と一緒に、長く供養していってもらえます。